愛する皆さま

主の御名をほめたたえます。

皆さまのお祈りとご支援に心から感謝いたします。。

相変わらず、札幌と大阪を約2週間おきに往復しています。

もう3か月前になってしまいましたが、芦屋キリスト教協議会主催のプレ・イースターコンサートを、主の導きの中で終えることができました。その後、コンサート活動はありませんでしたが、大阪では、昨年結成した賛美グループAvivatalantoの礼拝賛美奉仕、賛美レッスン、対面およびインターネットを通しての聖書の学び会、祈り会、伝道活動など、忙しくも充実した日々を過ごしています。

今後の活動では、9月27日(火)に、大阪府豊中市アクアホールで開催される、NPO法人「のぞみの家」(終末期事業 ホームホスピス)主催の講演会にて、スイス在住のリュート奏者、今村泰典氏とミニコンサートをさせていただく予定です。10月は、ブラジル日系人教会連盟からの依頼で、インターネット配信用のルター宗教改革記念コンサートを収録する予定です。配信は、宗教改革記念日に合わせて、10月下旬の予定です。YouTubeが公開されましたら、ホームページを通してお知らせいたします。


●不正がさばかれるように

95歳になる父は、第二次世界大戦時、海軍飛行予科練習生でしたが、出陣する前に終戦になり、命拾いしました。しかし、その経験は、父に深い傷を残し、70年以上も戦争体験の真実を語ることはありませんでした。しかし、2~3年前から突然口を開き始めました。今語り残しておかねばと思い立ったようです。戦争は、多くの人々を殺し、町を、国を崩壊させ、肉体的・精神的に大きな打撃をもたらします。ウクライナだけでなく、AKWMが長年支援してきたミャンマーの、昨年2月1日の国軍のクーデターによって始まった国内戦争は、今もなお続いています。

あらゆる部族、国語、民族、国民は神様がつくられたものであり、その主権者はイエス様です。神のものを迫害し、侵略し、破壊する者は、必ず神がさばかれることを私たちは知っています。み言葉がそう語っているからです。しかし、私たちは、み言葉が語っているからと、ただその時をじっと待つのではなく、不義な裁判官にしつこくしつこく訴えて聞き届けられたやもめのように(ルカ18:1-8)、祈りが聞き届けられるまで、切に祈り求めていかなければならないのだと思います。

神よ、起きて、地をさばいてください。すべての国民はあなたのものだからです。(詩82:8)

不正が速やかにさばかれますように、日本に、国々に、神のみこころを行う指導者が立ちますように、心を合わせ、声を合わせて切に祈ってまいりましょう。また、すべてを計画し、すべてを実行される全能なる神に、心からの感謝と賛美をささげていこうではありませんか。

皆さまに、主の恵みと守りがありますように。

工藤篤子。


工藤篤子ワーシップ・ミニストリーズ

工藤篤子プロフィール

神に喜ばれる賛美を求めることを目標に掲げ、「工藤篤子ワ―シップ・ミニストリーズ」と改称。世界の各地で賛美・伝道コンサートを行っている。

詳しくはこちら
働 き

1.日本での賛美伝道
2.その他の国々での賛美伝道
3.不従順と悔い改め
4.伝道師
5.リュウマチ
6.工藤篤子音楽ミニストリーズ設立

詳しくはこちら
証 し

AKWM設立に至るまでの証し
1.救いと弟子訓練
2.ドイツでの宣教
3.不従順と悔い改め
4.伝道師
5.リュウマチ
6.工藤篤子音楽ミニストリーズ設立

詳しくはこちら