NEW

NEW


メニュー
  • ホーム
  • ミニストリー
  • プロフィール
  • メルマガ・ニュースレター
  • スケジュール
  • CD・書籍
  • お問い合わせ
  • リンク

copyright
Copyright © 2008 AKMM
Design By PLU-S

   工藤篤子プロフィール


 

札幌大谷短期大学声楽科卒業後、同短大声楽専攻課程・研究課程を修了。1983年、マドリッド国立声楽院に留学。
1987年、スペイン・ヤマハコンクール一位、ONCEコンクール二位。声楽を、藤田道子、江口元子、マリミ・デル・ポソ、オリヴェーラ・ミリャコヴィッチ、ジェラール・スゼー、ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、アルフレード・クラウス、バロック音楽をマリウス・フォン・アルテナ、教会音楽を岳藤豪希の各師に学ぶ。
オラトリオのソリスト、スペイン歌曲のスペシャリストとしてヨーロッパ各地で活躍後、音楽を通して福音を伝える働きに導かれ、2000年、「工藤篤子音楽ミニストリーズ」を設立。
2011年、神に喜ばれる賛美を求めることを目標に掲げ、「工藤篤子ワ―シップ・ミニストリーズ」と改称。世界の各地で賛美・伝道コンサートを行っている。
また、2013年より「賛美セミナー」も開催。CD「Come To Me」「よき力に守られて」「主よ人の望みの喜びよ」など7枚、「賛美セミナー」CD,DVD、著書「賛美のこころ」好評発売中。



略年表

北海道岩見沢市に生まれる。中学校入学と父の転勤を機に、家族で札幌に転居。

1979年

大谷短期大学声楽科卒業後、同短大声楽研究科、研究科修了。藤田道子、江口元子、疋田生次郎、ヨセフ・モルナール、ヘルムート・ドイチュの各氏に師事。柳貞子氏にスペイン歌曲を師事。専攻科在学中、札幌市新人音楽会に最年少で出演。研究科終了後、札幌放送合唱団入団、札幌二期会入団。ソロ歌手としても演奏活動を重ねる。

1983年

スペイン政府給費と札幌市助成金を得て、国際スペイン音楽セミナー(サンティアゴ・デ・コンポステラ)に参加。その後マドリッド国立声楽院に入学。ソプラノに転向し、マリミ・デル・ポソ、フェリックス・ラビーリャの各氏に師事。フランスにも定期的に赴き、ジェラール・スゼーに師事。ドイツリートを故ポール・シラフスキーに、バロック音楽をマリウス・フォン・アルテナ、オペラをオリベーラ・ミリャコビッチ、アルフレード・クラウス、スペイン歌曲をヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレス、教会音楽を岳藤豪希の各氏に師事。演奏法をフェリックス・ラビーリャ、ロビン・ボウマン、ダルトン・ボールドウィンの各氏に学ぶ。

1984年

ダニエル・アンデルード宣教師(アメリカ・WDA―ワールド・ディサイプルシップ・アウトリーチより派遣)から洗礼を受ける。

1987年

アンデルード師夫妻に伴いドイツ・ハンブルクに移住、開拓伝道を開始。

1987年〜

スペイン・ヤマハコンクール第一位、ONCEコンクール第二位獲得。以来、オラトリオのソリストとして、ヴェルディ「レクイエム」を皮切りに、モーツァルト「戴冠式ミサ」、ロッシーニ「ミサ・ソレムニス」、ベートーベン「第九交響曲」、シューマン「ファウストの劫罰」、マーラー「千人の交響曲」、エルガー「ジェロンティウスの夢」など、ドレスデン・フィルハーモニー、ボルドー・アキテーヌ管弦楽団、北ドイツ管弦楽団、ルーマニア・オネスコ管弦楽団、スペイン放送交響楽団、グラナダ交響楽団などと共演。「地中海ソプラノ」によるスペイン歌曲のスペシャリストとして、モンポウ、モンサルバーチェ、ロドリーゴなどの全曲演奏を手がけ、スペインを始め、ヨーロッパ各地の国際フェスティバルに招かれている。マドリッド音楽堂、パリ・サル・プレイエルでのフランス歌曲リサイタル、リューベックのバッハ没後250年記念コンサート、ハンブルク音楽堂でのクリスマス・コンサート、スペインFMラジオ主催ドイツ・リート・リサイタル、ニューヨーク・カーネギーホールでの伝道コンサート、教会コンサートなど幅広いジャンルでコンサート活動を展開。

1993年

ハンブルク福音自由教会伝道師に就任。

1998年

詩篇96篇2,3節のみことばが与えられ、世界音楽伝道活動のために祈り始める。 主に歌え。御名をほめたたえよ。日から日へと、御救いの良い知らせを告げよ。 主の栄光を国々の中で語り告げよ. 主の奇しいわざを、すべての国々の中で。 (詩篇96篇2,3節)

2000年

同教会伝道師を辞任。大阪にて「工藤篤子音楽ミニストリーズ」設立・代表となる。住居拠点ハンブルクに置きつつ、日本をはじめ世界各地で音楽伝道、チャリティコンサート活動を展開。ハンブルク在住。 ハンブルク福音自由教会会員、札幌聖書キリスト教会客会員。

2011年

「工藤篤子ワーシップ・ミニストリーズ」と改称

2018年5月

35年の欧州生活を終え、日本に帰国。現在、日本を拠点に賛美活動を継続している。